症状発生率について

人が症状を出すということはストレスに負けることです。

これはいうまでもありませんね。


ではストレスに抵抗する元はいったい何なのでしょうか。


生物学的にずいぶん前にお伝えしたような気がしますが、今回は人間としてどのようにストレスに抵抗するかということをお伝えします。


ストレスに抵抗するもの

  • 情緒的サポート(人からの心理的援助)
  • 対処能力(物事に対して適切に考え行動できる)
  • 体力(生物としての生きる力)
  • 自己尊重感(自分を一人の人間として尊重できる)

同じストレスでも病気になる人とならない人がいます。

症状が悪化する人と悪化しない人がいます。


上記の4つがあればある程、病気にはなりにくく、症状も悪化しにくくなります。


整体・鍼灸・カイロプラクティック・オステオパシー・マッサージなど、色々な手技療法がありますが、これは主に体力を高めるものです。


これだけでも効果を出すことも可能ですが、人には心があります。


そのため、心のケアーをしなければよくならない時があります。


うつセミのプラクティショナーでは、体だけではなく心のケアー法までお教えします。


体と心の両方からアプローチできれば、うつや自律神経失調症の患者さんに適切に対処することができるようになるのです。



栄養学 ...

栄養学に関するサポート情報をご紹介します。

» 栄養学のサポート情報一覧


各種病気 ...

各種病気に関するサポート情報をご紹介します。

» 各種病気のサポート情報一覧

顎関節症 ...

顎関節症に関するサポート情報をご紹介します。

» 顎関節症のサポート情報一覧

メッセージ ...

メッセージに関するサポート情報をご紹介します。

» メッセージのサポート情報一覧



治療家のための「うつ病・自律神経失調症」サポート情報

★ 無料メルマガ登録 ★

うつ病・自律神経失調症の専門家のためのサポートメールマガジン

メールアドレス:

パソコン  携帯

お名前:

メルマガ配信CGI ACMAILER

セミナーDVD教材一覧

* 自律心体療法セミナー

無料体験セミナー

うつ病の不安を希望に変える うつ病・自律神経失調症の整体専門家集団「健療院グループ」